FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://cogaino.blog.fc2.com/tb.php/62-fcbc40f8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

4日に白内障の手術をしてきた。

一時間前くらいに病院に行って手術用の浴衣みたいなのに着替え、待合室で麻酔用の目薬を時間を置いて4回くらい点される。
他にも手術待ちの人が居たがほぼお爺さんお婆さん。歳を取ってからなるのが普通らしいが、自分みたいにケガなどの理由で早めになっちゃう人も居るみたい。

待合室には小窓が付いていて、付き添いで来てる人はそこから手術の様子を見ることが出来る。
これから手術を受ける人は緊張が高まる可能性があるので見ないように、と。
窓の横に内線電話が付いていて、手術が終わると執刀していた先生から付き添いの人に連絡が来る。二、三言お礼が交わされ患者と一緒に出て行く。(自分は一人で行った。母が来ようとしてたけど色々面倒なので断った。)
手術自体は一人15分くらい。
3人ほど見送って自分の番。

手術用のリクライニングシートに寝かされて心電図繋がれて手術する左目だけ空いた布が顔にかけられて開始。
ずっと目を開いているとは言え、ほぼ何も見えない。何かの光だけ。それを見つめ続けていると眼球に何かぐりぐりと刺さっているような感覚。麻酔が効いているので少し痒い気がするくらい。
濁ってしまった水晶体を壊して代わりになるレンズを入れる、といった作業。
目の中ゴリゴリ…時々冷水が注ぎ込まれ洗い流している?の繰り返し。
おわ~なんか刺さってくる~グリグリされてる~あ~冷たいのきた~ビクンてしそうだけど動いちゃヤバイ我慢~
ってしてるうちに終了。

傍から見たら引くレベルの眼帯姿で帰宅。
階段やエスカレーターは死角が多くてかなり危ないので、最寄の駅でも普段使わないエレベーター使って慎重に帰った。
眼帯は翌日の通院で外され、その時点で視界のもやは完全に無くなった。
更に二日間経過を見るために通ったが状態も良いもよう。
今後は紹介元の近所の病院に月一くらいで通っていく。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://cogaino.blog.fc2.com/tb.php/62-fcbc40f8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

こがいの

Author:こがいの
成人向けの漫画を描いています。
コミックマグナム他。
同人も少し。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。